ドラッグストア店員の株式投資日記

インデックス投資・iDeCo・株主優待・IPOに挑戦!

インデックス投資(eMAXIS) 2021年8月第3週

NY市場概況-ダウ225ドル高と4日ぶりに反発 週間では3週ぶり反落

20日のNY株式相場は上昇。前日終値水準でスタートしたが、マイクロソフトなどのハイテク・ジャイアントやエヌビディアなどの半導体株が上昇し相場をけん引した。ダウ平均は朝方に27ドル安まで下落後、225.96ドル高(+0.65%)と一日の高値圏で終了し、4日ぶりに反発した。S&P500は0.81%高と2日続伸し、ハイテク株主体のナスダック総合も0.19%高と続伸した。

週間ではダウ平均が1.11%安、S&P500が0.59%安とともに3週ぶりに反落し、ナスダック総合は0.73%安と2週続落。新型コロナ・デルタ株の感染拡大が続く中、コロナパンデミックからの景気回復のピークアウト懸念や、FOMC議事要旨で年内の資産購入の段階的縮小(テーパリング)開始が示唆されたことなどが重しとなった。投資家の不安心理を示すVIX指数は18.56ポイントと前日比3.11ポイント低下したが、週間では3.11ポイント上昇した。

 引用元:www.traders.co.jp

週末はやや値を戻しましたが、週間ではNYダウ・S&P500・ナスダックの3指数が珍しく反落となったようです。景気回復のペースが鈍化して、テーパリングも意識されてきていることで、上値が重くなってきていると(-ω-)

 

米国はそれでも高値圏となっていますが、心配なのは日本株の方ですね。

日経平均は一時27,000円を割り込みましたし、保有している20ほどの個別銘柄を見ても、今年の高値から1~2割ぐらい下がってきている銘柄が多くなってきました。

長期目的の高配当株中心ですので、売るつもりはありませんが、ジワジワ下がっていくのはあまり気分的に良くないですね(-_-メ)

 

先週末 6,527,015円 +1,195,259円

         ⇓

f:id:yuikabu:20210821033453p:plain

 

今週も先進国株式とS&P500を中心に積み立てています。

全世界株式はつみたてNISA×2・ジュニアNISA×2で年間240万円分を買っているので、特定口座ではそれ以外の商品を買い付けるように、ここのところ方針変更しています。

 

 去年の3月以降は、1本調子で上がり続けてきたので、そろそろトレンドが下向きになりそうな雰囲気も感じますが、コツコツ買い付けを行っていきます(^^♪