ドラッグストア店員の株式投資日記

インデックス投資・iDeCo・株主優待に挑戦!

オートバックス(1000株) 株主優待13,000円到着 3年以上継続保有

 

オートバックスから株主優待券が届きました('ω')

昨年3月までは300株保有が一番コスパがよかったのですが、9月からその部分の優待が大きく減額されたので、1000株保有に枚数を増やして権利取りをしています。

 

我が家は軽自動車を1台保有しており、車検の際は長年オートバックスを利用させて頂いております。普段からそんなに頻繁には乗らないので走行距離も短いですし、車にはこだわりがないので、あまりお金はかけないようにしています。

 

毎月の駐車場代・保険・自動車税・車検(2年ごと)と、軽自動車1台を保有して維持するだけでも、1か月の月収分以上はかかっているので悲しくなりますね(;´・ω・)

ただ、急に車が必要になるときがあったり、買い物などでは便利なことも多いので、車を手放さない限りオートバックスの優待も取り続けることでしょう。

 

 

株主優待券は有効期限がある場合がほとんどですが、オートバックスのギフトカードは有効期限がないので、2年間取得した優待券をまとめて使えるのが、最大のメリットになります。

 

軽自動車ですと10万もかからずに見積りを出してくれて、優待券を使うと車検代をかなり抑えることができるので、とても助かっています🚘

5月消費者物価2.1%上昇 円安加速なら3%予測 米国のハンバーガー🍔・・(・_・;)

 

総務省が24日発表した5月の全国消費者物価指数(令和2年=100、生鮮食品を除く)は、前年同月比2・1%上昇の101・6だった。伸び率は約7年ぶりの大きさとなった4月から横ばいで、ウクライナ危機による原材料価格の高騰や、急速な円安進行が輸入物価を押し上げた。食料など生活必需品の値上げは今後も続き、円安がさらに加速すれば3%の大台に届くとの見立ても出ている。

news.yahoo.co.jp

 

欧米での物価の上昇は8%を超えていますが、5月の日本の消費者物価指数は2.1%の上昇となったようです。

文章だけのヤフーニュースの記事だと、具体的にどんな商品がどのぐらい変化しているのかわかりずらかったので、参考になりそうなツイートを検索してきました('ω')

 

 

日経新聞の記者であり、最近メディアでよく拝見する後藤達也さんがわかりやすくまとめてくれていました。

 

電気代とガス代は今月の請求が来ましたが、よく見てみたらびっくりしましたね。

この時期は例年ですとガス代なんてかなり安いのですが、我が家では昨年の1.5倍ぐらいになっている印象でした。

 

一番上昇しているのは食用油となっていますが、光熱費もかかる飲食店などは経営が大丈夫なんだろうかと心配になるぐらいの上昇率です。

 

うどんが好きなので、丸亀製麵に時々行くのですが、トッピングに乗せる天ぷらが値上がりした上に小さくなったり、天かすが自分で取れなくなり店員さんがかけてくれるようになったのは、油の影響が大きいのかなと感じました。

 

これからもまだまだ上昇や高止まりが続きそうなので、インフレ対策で頭を悩ませる日々は続きそうです(-"-)

 

そして、物価上昇の本場であるアメリカのハンバーガーには衝撃をうけました・・🍔

バイデンさんの支持率がかなり低下したり、FRBがあれだけインフレ退治に必死になっている理由がこのツイートだけでも少しわかった気がします。

 

 

イオン 隠れ優待(特別ご優待券)到着しました(^^)

 

 

イオンの議決権を行使すると貰える隠れ優待が届きました。

6/23~7/31までの期間で、都合の良い1日を選んで、当日は何度でも使用可能です。

イオンモールから頂いた株主優待のイオンギフトカードもあるので、これを使って色々と買い込んで来ようと思います。

 

それにしても、イオンの株主が利用できるイオンラウンジは未だに再開のアナウンスがないんですよね。

元々、株主の急増でラウンジの閉鎖なんかも噂されている時にコロナが来たので、ちょうど良い閉鎖の理由が見つかった感じでした。

 

イオンとしては再開したくないのでしょうが、何時間もイオンモール内を買い物するときには、私にとっては休憩場所として欠かせない存在だったのでとても残念です。

 

ラウンジが閉鎖されてから、買い物する時間が短くなりブラブラして余計なものを買わなくなったので、家計的には優しくなったのですが、コロナも落ち着いてきたことだし再開を願っております(^_^)/

 

yuikabu.com

円安無限列車🚂 1ドル136円台 約24年ぶり(・o・)

 

21日の外国為替市場の円相場は急落し、一時1ドル=136円30銭近辺を付けた。1998年10月以来、約24年ぶりの円安ドル高水準を更新した。日米の金利差拡大を見込んだ円売りドル買いが進んだ。輸入品のさらなる値上げにつながる可能性がある。

news.yahoo.co.jp

 

昨日はまた記録が更新されたようです。

ドル円相場が24年ぶりに136円台に突入しました。

 

世界の中央銀行金利を引き上げている中で、日銀が国債の買い入れを続ける間はもうこの流れは止められないような気がしてきました。

 

この悪夢を断ち切るには、ドルを買うしかないのでしょうか?

 

 

外貨建て(米ドル)MMFの利回りもかなり上昇していますし、個別株の売却で円資金が増えたので、この水準で買うのは嫌だけど追加で少し買おうか悩んでいます(-"-)

 

 

 

そして6月はマクドナルドの株主優待権利取り月で、あと数日後に権利取り日が近づいてきました。

 

最近少し値上がりして130円になったマクドナルドのハンバーガーですが、20年ぐらい前は59円とかだったんですよね。懐かしいなー(^^)

この調子だと年内にまた価格改定があってもおかしくないですね。

INPEXと三菱商事 狼狽売りしました(・ω・)ノ 原油下落にビビる

 

先週は原油価格が125ドル付近まで上昇していたしたが、週末にかけて景気後退懸念から一気に112ドル付近まで急落しました(-_-)zzz

 

米国市場でも最近はエネルギーセクターが軟調に推移していたし、個別株の中でも資源や石油関連の比重がやや高くなっていたので、バランスを取るためにも金曜日と月曜日で、INPEX三菱商事の一部をぶん投げました(・ω・)ノ

 

 

INPEXは約1570円で600株、三菱商事は4226円で100株を売却しております。

INPEXは今年の2月と3月、三菱商事は昨年の4月と5月に購入していた分です。

売却益は両社合わせて約20万円となっています。

 

INPEX

三菱商事

 

 

INPEXに関しては、6月の配当取り日まであと数日なので迷いましたが、25日移動平均線を割り込んできてチャートの形もやや怪しくなってきたので、安全策を取って半分ほどを売却しました。

 

今日は25日移動平均線付近まで戻してきています。

原油価格との連動性があり、インフレにも強く市場での注目が高い銘柄ですので、今後も上昇トレンドを継続していくのか注目しながら、残りの数百株の保有を続けたいと思います('ω')