ドラッグストア店員の株式投資日記

インデックス投資・iDeCo・株主優待に挑戦!

マツキヨココカラ&カンパニー 爆益決算でストップ高( ゚Д゚) 

 

マツモトキヨシココカラファインが合併して誕生した、マツキヨココカラ&カンパニーの決算が発表になり、株価はストップ高まで買われています( ゚Д゚)

 

ここ最近のドラッグストア各社は減益決算ばかりでしたが、マツキヨココは2期連続3割の大幅な伸びと発表されており、かなりのサプライズ決算だったと思います。

 

 

経営統合する際にかなりのシナジー効果が期待できると言われていましたが、こんな短期間に大幅増益になるとは思ってもみませんでした。

 

仮に今の円安状態が続けば、海外からの旅行客がたくさん戻ってくるでしょうから、インバウンド効果でさらなる増益が期待できる可能性があります。(マツキヨは成田空港にも店舗がありますし、アジアでの店舗展開も進んでいて知名度が高い)

 

 

ドラッグストアで働いて給料をもらっているので、同業者の株は買わない方針(優待取りはしますが)なのですが、チャンスがあれば長期投資目的で少し買ってみようかと思えるほどのサプライズ決算となりました('ω')ノ

西武ホールディングス(1000株)株主優待 JR東日本とのコラボ優待あり🚃 ホテルメトロポリタン

 

西武ホールディングスから株主優待券が届きました🚃

3月に鉄道系の優待はいくつか取りましたが、まだ2月の優待が来ていない中で、早くも到着しております。

 

今までは冊子の中に、西武ライオンズの指定席券も一緒になっていましたが、今回から別紙に分かれています。

 

 

そして、今期限定でJR東日本とのコラボ優待が発行されています。

JRと私鉄とのコラボ優待なんて、過去に取得した銘柄でも見たことがないので、かなり珍しい優待なのではないかと思います。

 

 

コロナ禍以降、どこの鉄道会社も業績は厳しい状態が続いていますが、社会インフラとして欠かせないものなので、頑張ってもらいたいですね。

 

今回の優待はホテルメトロポリタン(池袋)×西武園ゆうえんち限定のようです。

東京ドームの近くにあるホテルメトロポリタンに宿泊したことがありますが、とてもきれいですし落ち着いた環境にあるので、野球観戦や東京ドームシティで遊ぶ際に宿泊される方にはおススメできるホテルです(・ω・)ノ

 

    東京ドームシティ(左)   東京ドームホテル(中央)

【悲報】 厚切りジェイソンさん ツイート全消しで話題('ω') 【13日の金曜日】

タレントの厚切りジェイソンさんが、運営するツイッターの投稿をすべて消したことが話題になっている。22万人あまりのフォロワーを持つ人気アカウントであり、影響力は大きかった。削除の理由は明かされていないが、同氏が推奨してきた米国株投資に逆風が吹いているためではないかと見られる。

 

厚切りジェイソンさんは2021年末に書籍『ジェイソン流お金の増やし方』を上梓。累計38万部を超えるベストセラーとなっている。書籍内では、「投資先は米国株がおすすめ!」「米国株を推しにするには訳がある」など、米国株投資を推奨している。

news.yahoo.co.jp

 

私も購入して楽しく読ませて頂いた、厚切りジェイソンさんの著書である【お金の増やし方】はベストセラーになっており、投資初心者の方にも読みやすい本です。

 

資産形成においてインデックス投資は重要であり、長期・分散・積み立て型の堅実な投資法を紹介しています。

 

ただ、発売した開始時期が米国株が超絶天井の時でしたので、著書を購入してから積み立てを始めた初心者の方などから、非難の声が上がりそうなのは容易に想像がつきます。

 

そのことが影響したのかはわかりませんが、初心者ほど暴落の経験や損失を被る耐性ができていないので、八つ当たりされて嫌気がさしたのかなとも感じますね(;´・ω・)

 

※投資は自己責任・ストレスのかからない余裕資金の範囲で行いましょう(´ー`)

 

yuikabu.com

総合商社7社 資源高で最高益🌺 住友商事がやらかした(;^ω^)

 

総合商社の2022年3月期連結決算が10日、出そろった。純利益は大手7社全てが従来予想から上振れ、最高益となった。ロシアのウクライナ侵攻の影響で一部の事業に損失が出たものの、資源高を追い風に相殺した。足元では侵攻の行方や世界経済に不透明感が漂う。「ロシアリスク」は23年3月期により強く表れる可能性がある。

 

www.nikkei.com

 

この資源高が続くインフレ下において、気になる総合7商社の決算が出揃いました。

純利益首位となったのは、9,375億円を稼いだ三菱商事となっています👏

今期に関しては減益予想のところが多いですが、それでもかなりの利益水準です。

 

現在、三菱商事300株と住友商事710株を保有しておりますので、最高益となるとうれしいはずなのですが、3月の配当取り前に買い増しを行っていた住友商事がやらかしてしまったので、急落して含み益が大幅に減少しております(*_*)

 

三菱商事

住友商事

 

三菱商事は150円に増配+700億円の自社株買い。その上、累進配当で今期以降も配当を維持することになっていますので、保有していても安心感があります。

 

その反面、住友商事は何のサプライズもなく配当は110円のままで、さらに今期は90円に減配になり自社株買いもないとのことでした・・・総合商社の決算は良いだろうと期待が高まっていましたので、これでは2000円台から急落して同然ですよね・・・。

 

SBI証券

auカブコム証券

 

高値で買い増してしまった分、いつ含み損に転じてもおかしくはないですが、配当利回りは5%以上ありますので、もうしばらくホールドしようと思います(>_<)

スシロー2022年10月値上げ 株価急落・景気減速だが物価は上がる('ω')

回転寿司チェーン「スシロー」は10月1日、価格改定を実施する。

スシローが“一番安い皿”を税抜100円から値上げするのは、1984年の創業以来、38年間の歴史で初。1皿の新価格は店舗立地によって異なり、値上げ額は10~30円程度。 一番安い価格帯の「郊外型店舗」は、黄皿は現行の110円から新価格120円に、10円の値上げ(以下、価格は税込)。赤皿は現行の165円から新価格180円に、15円の値上げ。黒皿は現行の330円から新価格360円に、30円の値上げとなる。 具体的な各店舗における適用区分(郊外型、準都市型、都市型)、価格改定の詳細については、9月初旬ごろに知らせるとしている。

news.yahoo.co.jp

 

あらゆるものが値上がりしているので、回転ずしもそろそろかなと思っていましたが、先陣を切ってスシローが10月から値上げをするようです。

 

私の場合、最近はゼンショーの優待券を握りしめて、はま寿司に行くことが多いですが、おそらく近いうちに値上げするのでしょうね。

食品価格や資源高が続いている上に、急激な円安がいっきに来ているので、企業努力だけではどうしようもないことでしょう(-"-)

 

 

そして、今夜は株式市場だけでなく、商品市場、ビットコインまで幅広く急落している状況です。最近ではあまりなかったことではないかなと思います。

 

景気の減速を織り込みに行っているかのような値動きです(。´・ω・)

リーマンショックの時は朝起きたら株価が急落しているといるようなことが日常的におきていましたが、その時以来の嫌な感じを株式市場から感じています。

 

個別株では高配当で買っていたJFEホールディングスなど、決算ミスでダメージを食らう銘柄が出てきたので、少しずつ損切りをしております・・・・・。