ドラッグストア店員の株式投資日記

IPO・株主優待・インデックス投資・iDeCoに挑戦!

NYダウ 3万ドル

〔米株式〕NYダウ、初の3万ドル=政治的不透明感が後退

24日のニューヨーク株式相場は、バイデン次期米大統領への政権移行作業が認められ、政治的不透明感が薄れたのを好感し、大幅に続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は、前日終値比454.97ドル高の3万0046.24ドル(暫定値)で終了。史上初めて3万ドルの大台に乗った。新型コロナウイルスのワクチン開発の進展も株価を押し上げた。  ハイテク株中心のナスダック総合指数は156.16ポイント高の1万2036.79で終わった。  トランプ大統領は前日、大統領選の敗北を認めないながらも、バイデン氏への政権移行手続きを容認した。市場では、政権交代をめぐる先行き不透明感が薄れたことで、投資家心理が改善。幅広い銘柄に買いが集まり、全面高の展開となった。  新型コロナワクチン開発をめぐり、米ファイザーやモデルナに加え、英国でもアストラゼネカとオックスフォード大学が、臨床試験(治験)で高い有効性を確認。経済正常化への期待が膨らんでいる。  ダウ平均は、新型コロナ感染拡大を受けて3月に急落したが、政府の経済対策や大規模金融緩和を背景に回復。大統領選後は、上昇が加速していた。

引用元:時事通信

 

NYダウが3万ドルを突破しました。

3月の急落で1万8千ドルまで落ちましたが、まさかのV字回復です( ゚Д゚)

この値動きを予想できた人は、あの当時はだれもいなかったでしょう。

 

 

f:id:yuikabu:20201125223504p:plain

 

2008年のリーマンショックの時も下落の幅は大きかったですが、しばらく株価の停滞時期が続いていたので、当時の方が相場の難易度が格段に高かったです。

あの時の苦い記憶があるので、FRBは今回大胆な金融政策を行い、お金ジャブジャブで株価が急回復した側面があると思います。

 

日経平均も29年ぶりの高値を更新していますが、個別でみるとまだまだ回復していない銘柄が多いので、インデックス投資をしていない人にはやや実感の薄い展開ではないでしょうか。

 

ビックカメラ 株主優待 到着

3048 ビックカメラから8月末日の株主優待が届きました(/・ω・)/

私の場合は、100株を2年以上保有しているので、通常優待1,000円+長期株主向け2,000円で合計3,000円分の買い物券となっています。

 

最寄りの店舗では、食品・薬・サプリメント・お酒類なども取り扱っているので、

電化製品を買うより、日用品での消費に使用することがほとんどです。

3000円もあると普段は買わないような商品をいくつも試してみることができるので、結構楽しめます♬

 

f:id:yuikabu:20201123230114j:plain

f:id:yuikabu:20201123230308p:plain

引用元:ヤフーファイナンス

 

株主優待は取引のやり方次第では、権利取り日をまたいで1日だけの保有でも優待を貰える方法があるため、最近は長期保有での株主を優遇する会社がとても増えてきています。

インデックス投資 2020年11月第3週

積立金額が2,000,000円超えました。

一括でまとまった金額を購入する方法もありますが、精神的にあまり良くないため、

このスタイルでコツコツ積み立てていくことにしています(^-^)

 

 

先週末  2,099,986円 +139,385円

        ⇓

f:id:yuikabu:20201120232914p:plain

 

西武ホールディングス 株主優待 到着

西武ホールディングス株主優待(1000株用)が届きました。

施設利用優待冊子と乗車券10枚になってます。

 

施設利用券の中には、西武ライオンズの内野指定席引換券が5枚入っており、

野球好きの方に人気があるようです⚾

 

f:id:yuikabu:20201120225249j:plain



 

本日は、鉄道株にも影響がありそうなニュースが入ってきました(*ノωノ)

連休明けは戻り基調にあった旅行・航空・鉄道などの株価が軟調に推移するかもしれません。

 

JALの公募増資は値動きが荒いため参加しませんでしたが、受渡日までに公募割れする可能性も出てきました。POだと数パーセントのディスカウントで購入できますが、売りたくても売れない状況が数日ありますので、このあたりの見極めがとても難しいです。

 

JTB、6500人削減へ 早期退職や新卒採用見合わせ

旅行業界最大手のJTB20日、グループの要員を2021年度までに19年度比で約6500人削減すると発表した。定年退職による自然減のほか、早期退職や22年度の新卒採用の見合わせなどで対応する。6500人の内訳は国内2800人、海外3700人を想定する。また国内の店舗を21年度までに115店削減することも発表。従業員の賃金についてもボーナスの削減などで、年収平均で3割を削減する。 同日発表した2020年9月中間決算は、売上高が前年同期比81・1%減の1298億円、最終的なもうけを示す純損益は781億円の赤字となった。新型コロナウイルスの影響で旅行需要が大幅に減ったことが影響した。

引用元:朝日新聞デジタル

 

日本リテールファンド投資法人 分配金

8953 日本リテールファンド投資法人から分配金が入りました。

商業系のREITにも関わらず、コロナ禍で99.7%の稼働率を維持しており、分配金の減額はありませんでした(*‘∀‘)

来期も1口当たり4,500円の分配金の予定となっています。

 

 

f:id:yuikabu:20201118222547j:plain

f:id:yuikabu:20201118222749j:plain

f:id:yuikabu:20201118222814j:plain

 

コロナ禍で急落したところを買ったので、利回り9%弱での保有です。

 

f:id:yuikabu:20201118222954p:plain

12月 IPOスケジュール

f:id:yuikabu:20201116224704p:plain

引用元:トレーダーズ・ウェブ

 

 

12月上場のIPOの銘柄が続々と出てきています。

毎年、12月はIPOが集中する時期で、資金も分散して、当選しやすくなります。

その分初値の上昇が抑えられたり、公募割れ銘柄を掴んでしまうリスクがありますので、注意が必要です('ω')ノ

 

とりあえず、12/16のローランドは再上場案件で吸収規模も大きいため、危険なにおいがしています。この中では確実にスルーすることになりそうです。

 

昨年の12月は2銘柄当選したので、今年も利益が出る銘柄を1つでも掴めたらと思います。抽選のスケジュールがかなりタイトなので、申し込み忘れなどないようにしていきたいです(^^ゞ

 

 

インデックス投資 2020年11月第2週

今週はファイザーのワクチン開発の材料に反応して、堅調な1週間となりました。

グロース株からバリュー株へも資金が流入し始めています。

 

個別株への投資も少額ずつですが行っており、決算の数字を見てまだまだ割安に放置されていると感じる銘柄には、引き続き買い増しをしていきます。

 

先週末 1,999,774円 +89,172円

         ⇓

f:id:yuikabu:20201113221435p:plain