ドラッグストア店員の株式投資日記

インデックス投資・iDeCo・株主優待・IPOに挑戦!

REITで毎月不労所得('ω')ノ 積水ハウス・リート投資法人 分配金(第13期)

f:id:yuikabu:20210722174623j:plain

f:id:yuikabu:20210722174645j:plain

f:id:yuikabu:20210722174714j:plain

 

積水ハウスリート投資法人より分配金を頂きました(*'▽')

第13期は1口当たり1675円ですが、来期以降はやや減配の予想となっています⤵

 

オフィスと住居をメインとして、ホテルも保有している総合型のREITです。上場以来保有しており、REITへの投資を本格的に始めたのもこの時期でした。現在は14口保有しています。

 

f:id:yuikabu:20210722215746p:plain

 

f:id:yuikabu:20210722215759p:plain

 

f:id:yuikabu:20210722220437p:plain

 

個別株の場合ですと、決算期は3月/9月に割と集中していますが、REITの場合は決算期がかなりバラけているので、私の場合は毎月どこからか分配金を頂ける状況となっています(^_^)/

意図的にそうしたわけではないですが、REITを9銘柄保有しているだけでも、毎月インカムゲインが入ってきます。100万円以下の資金でも、1口保有で銘柄を分散させれば、REITを通じて毎月不動産投資で不労所得を得るのが可能ですよ(*´▽`*)

NTT都市開発リート投資法人 分配金(第37期)

f:id:yuikabu:20210720232202j:plain

f:id:yuikabu:20210720232232j:plain

f:id:yuikabu:20210720232253j:plain

 

NTT都市開発リート投資法人より分配金を頂きました。オフィス7割・レジデンス3割の複合型REITです。今期の1口当たりの分配金は4,024円でした。物件の売却益があったようで前期より大幅に増えています(*'▽')

 

f:id:yuikabu:20210720233054p:plain

f:id:yuikabu:20210720233145p:plain

f:id:yuikabu:20210720233320p:plain

 

REIT指数が好調なため投資価格も順調に上昇しています。

分配金利回りが高い状態で購入しているので、含み益が減ってきてもこのままホールドし続けて、分配金を受け取り続ける予定です(^_^)/

インデックス投資(eMAXIS) 2021年7月第3週

NY株式:米国株式市場は下落、新型コロナ変異株の流行を警戒

ダウ平均は299.17ドル安の34,687.85ドル、ナスダックは115.89ポイント安の14,427.24で取引を終了した。

6月小売売上高が予想外のプラスに改善したため強い回復への期待が高まり、寄り付き後、上昇。しかし、7月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が予想外に低下したため期待が後退し、下落に転じた。さらに、国内でも新型コロナウイルスデルタ株感染が急増していることが明らかになると回復が損なわれるとの懸念が広がり、引けにかけて下げ幅を拡大。

引用元:kabutan.jp

 

先週は日米ともに株価がさえない展開となりました。

変異株ウイルスが広がりを見せていますが、今週からイギリスは規制を解除していくということですので、経済を本格的に動かす方向に舵を切るようですね('ω')

 

日本でもいよいよオリンピックが始まりますが、観客も入らないし、今のところ盛り上がりには欠ける状況ですね。サッカーのヨーロッパ選手権の動画をみましたが、大勢の観客を入れての開催となっていますので、日本とはかなり対照的だなと感じています。

 

先週末 6,014,779円 +1,004,168円

        ⇓ 

f:id:yuikabu:20210719063449p:plain

 

週末はauカブコム証券が本日7/19より新手数料体系へ変更になるため、システムメンテナンスでログインすることができませんでした。

信用取引金利が安くなりますし、以前よりかは取引する機会が増えそうですが、どのくらい資金移動するかは様子見ながら行っていこうと思っています。

 

先程ログインしたところ、すでにトラブルが発生しているようです…(;´∀`)

 

f:id:yuikabu:20210719064125p:plain

 

好調REIT 地銀が演出

不動産投資信託REIT)の好調さが際立ってきた。総合的な値動きを示す東証REIT指数の2021年の上昇率は22%と、日経平均株価の3%を大きく上回る。インフレ耐性などを理由に海外マネーの流入が続き、7月以降は押し目を狙っていた地銀がしびれを切らして買いを入れ、一段高を演出。縮小しつつあった米金利との利回り差も反転傾向にあり、REIT指数は新型コロナウイルス感染拡大前の水準をうかがう勢いだ。

www.nikkei.com

f:id:yuikabu:20210716223608p:plain

f:id:yuikabu:20210716223920p:plain

 

年初から日経平均はあまり上昇していませんが、REIT指数は好調です(^_-)-☆金利が低下している中で、インフレに強く安定した利回りの期待できる不動産に買いが入っている感じでしょうか。

 

私は現時点でREITは個別で9銘柄保有していますので、この調子で高値を維持していくれるとうれしいですね。オフィス系の不動産はリモートでの仕事が進んだこともあり、空室率が上昇傾向にありますが、保有している銘柄では大幅に分配金が減少する傾向は今のところ見られていませんので、それほど心配せずにホールドはしています。

 

それより心配なのは、今回の上昇の要因が地銀が買いを入れていることですかね。

地銀と言えば、昨年のコロナショック時にREITを投げ売りして、REIT市場を大暴落させたので、あまり良い印象がないんですよね。その分安く仕込めた銘柄もありますが、いくつものREITがストップ安に貼りつくなんて見たことなかったので、何が起きているのかわからずかなり焦りました💦

そんなわけで、逆に地銀が買うということはそろそろ天井なのかなと思ってしまいます・・・(;´∀`)

 

実際に今の利回り水準では新たに買い増したいとはあまり思いませんので、追加で購入する時は先月の東海道リートのように、IPO(新規公開株)で新しいREITが出たときぐらいになりそうです。

 

yuikabu.com

投信流入4兆円 円安加速する!?

投信流入4兆円に迫る 1~6月高水準、外国株けん引

投資信託協会が13日発表した6月の投資信託概況によると、1~6月の公募株式投信の純資金流入額は3兆9827億円だった。集計可能な2002年以降で4番目の規模となり、15年(5兆1009億円)に次ぐ金額となった。ワクチン接種が進み経済再開で先行する米欧の外国株式で運用する投信の人気が続いた。日本株の上値が重い中、上昇が続く海外株への流入が加速している。

www.nikkei.com

 

数年前から低コストで海外株式のインデックスファンドに投資をすることが可能になっています。その影響で私もそうですが、日本の個別株から資金を移す人が増えているように感じます。

 

今年の上半期だけで4兆円近い金額が投資信託流入しているようですが、この流れは今後も加速していくかもしれません。経済成長が止まり、少子高齢化で人口減少が進む日本だけに投資をするのは、長年日本株を見てきた人ほどリスクと捉えているように思います(´-ω-`)

 

f:id:yuikabu:20210715012008p:plain

 

私も投資をしているeMAXIS Slimシリーズでは、投信に買い注文を入れた翌営業日の午前10時前の円相場を用いて外貨を買う取引を実行しているようです。

 

投資信託の場合は、基本的に為替ヘッジがない商品に人気が集まっていることから見ても、今後もつみたてNISAやイデコなどの非課税口座で海外株式のインデックス投資が広まるほど、長期的な円売り・ドル買い圧力が発生して、円安に振れやすくなるかもしれません(*'▽')