💊ドラッグストア店員の株式投資日記💊

インデックス投資(eMAXIS Slim全世界株式)・高配当株・米国債・REITで資産運用💵

日経平均株価最高値🗾 AI・半導体相場🤖

 

22日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反発し、終値は前日比836円52銭(2.19%)高の3万9098円68銭だった。1989年12月29日に付けた史上最高値(3万8915円)を34年2カ月ぶりに更新した。米半導体大手エヌビディアが21日に市場予想を上回る好決算を発表し、22日の東京市場で日経平均への寄与度が大きい半導体関連株に買いが波及した。

www.nikkei.com

 

日経平均株価が34年ぶりに高値を更新しましたね(´ー`)

おめでとうございます🌺🌺🌺

 

株式投資を始めて20年以上経ちますが、まさか日本株にもこんな日が来るとはね。

岸田政権が始まったときには、絶望感から日本株の比率を一時落としたことがありましたが、諦めずに持ち続けてよかったなと感じています。

 

 

この日経平均株価の急上昇を支えているが、東京エレクトロン・アドバンテスト・レーザーテック・SCREENホールディングスなどの半導体関連銘柄になります。

 

以前はファーストリテイリングが寄与度に大きく影響していたことがあり、ユニクロ指数などと呼ばれていたましたが、今は日経平均株価=半導体指数へと変化しております。

 

そして、この日の高値更新の要因となったのが、米半導体大手エヌビディアの好決算でしたね。今や米国だけでなく、世界の株式市場に影響を与える企業ですので、今後も株価の動きに目が離せない展開が続きそうです。

 

エヌビディアという企業の名前は数年前から知っていましたが、まさかこんな世界の株式市場を牽引する可能性を秘めていた会社とは全く理解しておらず( ゚Д゚)です。

 

決算の内容次第で日経平均株価にも大きな影響が出ることは、なんとなく予想はしていたので、決算発表の数日前に1株だけですがエヌビディアを購入してみました。

米国株の個別株投資は初めての経験です。

 

やはり、実際に株価を持ってみて、どれだけ連動性があるのかを体感したかったのと、これだけ騒がれてる企業なので単純に株主になって保有してみたかった感じです。

 

高値掴み承知で突撃して手数料も入れて1株約700㌦で約定、年初に1株600㌦ぐらいで買おうか躊躇していたら、あっという間に置いていかれました………(・ω・)

 

『一生一緒にエヌビディア』できるかはわかりませんが、しばらくの間は値動きを監視して、AI・半導体相場の波に乗っていようと思います。

 

 

 

日経平均株価が高値更新している中、ネット証券口座の資産も順調に増えています。

SBI証券とauカブコム証券の含み益は1500万を超えてきました。

 

SBI証券

auカブコム証券

 

eMAXIS Slim全世界株式や個別株はわりと順調ですが、auカブコム証券で複数銘柄保有しているJ-REITが足を引っ張っているのが、少し残念ですね(-"-)

 

 

インカムゲイン目的で長期保有しているので、むしろ利回りが上昇した今はチャンスと感じて、逆張りで東証REIT指数連動型上場投信(1343)の買い増しを始めました。

 

日本の高配当株の利回りがだいぶ低下してきたので、不動産価格の上昇で含み益が増えているのに下落しているJ-REITにも、いずれ注目が集まり資金が流入してくると信じて保有を続けたいと思います🏢