ドラッグストア店員の株式投資日記

インデックス投資・iDeCo・株主優待に挑戦!

iDeCo(イデコ) イオン銀行(たわら先進国) 2022年7月運用状況💲

 

先月も上限である23,000円を同じ配分比率で積み立てを行っております。

5月末の時点での含み益が162,000円だったので、あまり変化はない状況です。

 

 

今年の上半期はS&P500は▲20%、世界株指数は▲18%と記録的な下落となっていますが、円安効果もありまだ含み益があるので、インデックス投資家にとっては淡々と積み立てができる人が多いような気がします。

 

 

イデコを初めて3年半弱がたちますが、3年前からだとどのぐらいのパフォーマンスの違いがあるのかをTOPIX東証REIT指数と比較してみました。

 

積み立て開始してから2年間はバランス型を選択しておりましたので、初めから先進国を選んでおけばもっと運用益がでている感じですね( ;∀;)

しかも、5月末までだとTOPIXの方がバランス型よりも上とは驚きです。。。

 

こうしてグラフでみるとコロナショック時の方が、落ち込みが大きいですね。

年初からの記録的な暴落ですが、数年前から積み立てを行っている人にとっては意外と実感が少ないのがわかります。

ダメだと言われる日本株ですが、かなり健闘していたので、嬉しくなりました(^^)