ドラッグストア店員の株式投資日記

インデックス投資・iDeCo・株主優待・IPOに挑戦!

インデックス投資(eMAXIS) 2021年8月第1週

NY株式:米国株式市場はまちまち、強い雇用統計受け景気回復期待

ダウ平均は144.26ドル高の35,208.51ドル、ナスダックは59.36ポイント安の14,835.76で取引を終了した。

7月雇用統計が予想を上回り労働市場の順調な回復が証明されたため、寄り付きから上昇。強い景気回復に向けて投資家の楽観的な見方が強まり、ダウは終日堅調に推移し、史上最高値を更新して引けた。一方、金利先高感にハイテク株が売られ、ナスダックは下落。

引用元:kabutan.jp

 

今週も大きな下落はなく、米国市場は安定した値動きとなっています。

何かのきっかけで調整局面がくることも想定していますが、大きく買い増すチャンスもなく淡々と投資信託を買っている状況です。

 

ワクチン接種が進んでも、変異株の拡大などで新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、都市部の百貨店などではクラスターが発生して臨時休業しています。

今年の3月ごろから医療関係者が先行してワクチン接種を始めましたが、もうそろそろ抗体がなくなり、院内でのクラスターが発生しだすのではと危惧しています。

夏場でこの状況ですから、冬場になるとかなり危険なのではないかと思っていたところに、塩野義の気になるニュースを見つけました。

 

news.yahoo.co.jp

 

個人的にはワクチンを打ち続けるより、インフルエンザのように罹った時にすぐに服薬できるタミフルや吸入薬のイナビルのような治療薬がでてこないと、なかなかこの状況を止めるのは難しいのではと思っています(´-ω-`)

 

ワクチン打ってたら罹患しないと思っている方もいるようで、仕事していてもマスクせずに来店する高齢者の方を見かける機会が増えてきました。今まで以上に感染予防に気を付けて過ごさなければと感じています。

 

先週末 6,319,659円 +1,096,950円

       ⇓

f:id:yuikabu:20210808043340p:plain