ドラッグストア店員の株式投資日記

インデックス投資・iDeCo・株主優待・IPOに挑戦!

インデックス投資 2021年3月第4週 

米国株式市場見通し:経済活動再開に期待

リバランスのピークは終了したが、来週も四半期末の調整が継続する可能性がある。2日がグッドフライデーで株式市場が休場となるため、取引日数も限られ、週前半はより調整色が強まりそうだ。長期金利動向には引き続き慎重ながら、押し目からは新期に向けた買いも予想され、底堅い展開になりそうだ。

相場の下値を支えてきた個人投資家の買い意欲が後退したことへの懸念も見られるものの、大局的に、ファンダメンタルズは良好だ。バイデン大統領は来週半ば、道路や橋の建設などを含む3兆ドル規模のインフラや再生エネルギーなどの公共投資計画の詳細を公表する予定で、注目したい。1.9兆ドルの追加経済対策に加えて、インフラ計画は短期的には回復期待に繋がる。しかし、大方は増税でまかなわれる。法人税率の21%から28%への引き上げ、個人所得税キャピタルゲイン税の税率引き上げなどが検討されていると報じられており、中期的にはマイナス要因となる可能性は今後のリスクになり得るため注意したい。

FRBの金融健全性への信頼も一段と強まった。大手銀に対する配当や自社株買いの再開を下半期から承認する計画を発表しており、銀行株の上昇が相場をけん引しそうだ。また、バイデン大統領はワクチン接種ペースをさらに加速する方針で、経済活動の再開も続く。21年度の企業決算への期待もプラス材料となる。さらに、大規模支援策でM2は昨年に比べ20%増しで、引き続き相場の上昇を支援していくだろう。パウエル議長は、再三にわたり経済が完全に回復するまで、金融緩和を解除する意向はないと表明している。

引用元:フィスコ

 

週の前半は下落する日が続き調整色を強めましたが、後半は回復して1週間を終えました。FRBが金融緩和を継続する意向を示していますし、まだまだ金余り相場は続くのでしょうか(・・?

 

そして、3月の株主優待権利取り最終日がいよいよ明日に控えていますので、優待取りの銘柄選択に頭を痛めているところです(;^ω^)

 

3月は1年のうちで一番株主優待を実施している企業数が多いので、取ることのできる銘柄はたくさんあるのですが、取った後の手間を考えるとコストに見合う優待を探すのに苦労しています。800銘柄以上ある中から、最終的には40銘柄ぐらいを選んでの取得になりそうです。

 

 

先週末   4,244,083円   +573,414円

          ⇓

f:id:yuikabu:20210327231927p:plain