ドラッグストア店員の株式投資日記

IPO・株主優待・インデックス投資・iDeCoに挑戦!

NYダウ 3万ドル

〔米株式〕NYダウ、初の3万ドル=政治的不透明感が後退

24日のニューヨーク株式相場は、バイデン次期米大統領への政権移行作業が認められ、政治的不透明感が薄れたのを好感し、大幅に続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は、前日終値比454.97ドル高の3万0046.24ドル(暫定値)で終了。史上初めて3万ドルの大台に乗った。新型コロナウイルスのワクチン開発の進展も株価を押し上げた。  ハイテク株中心のナスダック総合指数は156.16ポイント高の1万2036.79で終わった。  トランプ大統領は前日、大統領選の敗北を認めないながらも、バイデン氏への政権移行手続きを容認した。市場では、政権交代をめぐる先行き不透明感が薄れたことで、投資家心理が改善。幅広い銘柄に買いが集まり、全面高の展開となった。  新型コロナワクチン開発をめぐり、米ファイザーやモデルナに加え、英国でもアストラゼネカとオックスフォード大学が、臨床試験(治験)で高い有効性を確認。経済正常化への期待が膨らんでいる。  ダウ平均は、新型コロナ感染拡大を受けて3月に急落したが、政府の経済対策や大規模金融緩和を背景に回復。大統領選後は、上昇が加速していた。

引用元:時事通信

 

NYダウが3万ドルを突破しました。

3月の急落で1万8千ドルまで落ちましたが、まさかのV字回復です( ゚Д゚)

この値動きを予想できた人は、あの当時はだれもいなかったでしょう。

 

 

f:id:yuikabu:20201125223504p:plain

 

2008年のリーマンショックの時も下落の幅は大きかったですが、しばらく株価の停滞時期が続いていたので、当時の方が相場の難易度が格段に高かったです。

あの時の苦い記憶があるので、FRBは今回大胆な金融政策を行い、お金ジャブジャブで株価が急回復した側面があると思います。

 

日経平均も29年ぶりの高値を更新していますが、個別でみるとまだまだ回復していない銘柄が多いので、インデックス投資をしていない人にはやや実感の薄い展開ではないでしょうか。