💊ドラッグストア店員の株式投資日記💊

インデックス投資(eMAXIS Slim全世界株式)・高配当株・米国債・REITで資産運用💵

恐れていた円高・株安相場が始まりました(・ω・) 大発会🚀

 

本日は日本の株式市場の開始日である大発会でしたが、残念ながら大幅下落でのスタートとなりました。日経平均株価採用の値下がり銘柄は193ですので、銀行株などの一部以外はほぼ全面安の展開といった感じでしょうか。

 

 

そして、株価同様目が離せないのは為替相場になります。

年明け早々、ドル円相場は130円を一時割り込みましたが、その要因となったのが大晦日にリークされた日銀が物価見通しを引き上げる可能性があるという日経新聞の記事でした。

 

物価見通しの修正により、日銀がさらなる緩和修正に動くのではないかという思惑が働き、為替相場が円高に振れています。

米国の利上げの終わりが見えてきている中で、日銀の引き締めがどこまで進むのかが今後の焦点となりそうです。

 

ここまで為替相場が急変動するとは、多くの経営者は予想していなかったでしょうから、円高が定着していく1年になれば、ドル円相場を円安で業績の見通しを立てている輸出企業には、世界経済の減速とともに下方修正のリスクが出てきそうな気がしています。

 

昨年は円安バリアに守られた1年でありましたが、今年は円高となれば、さらに厳しい展開となる可能性もあります。

ただ、長期投資家にとっては、ピンチはチャンスとなりますので、相場に振り落とされずにコツコツ頑張ろうと思います('ω')ノ