ドラッグストア店員の株式投資日記

インデックス投資・iDeCo・株主優待・IPOに挑戦!

インデックス投資(eMAXIS) 2021年7月第2週 ETF(2558)(2559)

NY株式:米国株式市場は反発、景気回復の頭打ち懸念が後退

ダウ平均は448.23ドル高の34,870.16ドル、ナスダックは142.13ポイント高の14,701.92で取引を終了した。

長期金利の上昇を受けて、景気回復への懸念が後退し、寄り付き後、上昇。終日堅調に推移し、主要株式指数は史上最高値を更新し、引けた。セクター別では、銀行や各種金融、保険の上昇が目立った。

引用元:kabutan.jp

f:id:yuikabu:20210711022336p:plain

引用元:nikkei225jp.com

 

米国市場は相変わらずの好調具合で指数は最高値を更新しています(*‘∀‘)

日本株の方は週末値を下げましたが、海外株式の動きが堅調なため先物は大幅高となっています。月曜日はある程度反発するのではないでしょうか。

 

米国の長期金利ですが、一時は1.2%台まで下がっていましたが、反発してきています。景気が回復傾向なのでまた1.6%台ぐらいには戻してくるような気はしていますが、株価への影響もあるため今後も推移を見守っていく必要がありますね。

 

先週末 6,042,291円 +1,104,568円

         

f:id:yuikabu:20210711022108p:plain

 

米国市場が高値を更新していますが、含み益は10万ほど減少しています。

基準価格が更新されるのが翌営業日後となりますので、月曜日には先週末ぐらいの含み益に戻っているでしょう。

  

f:id:yuikabu:20210711025158p:plain

 

 こうした基準価格のタイムラグが以前から気になっていたので、最近はある程度調整した場面では、ザラ場で値動きがあり購入できるETFを買うことが増えてきました(*'ω'*)

 購入しているのは、MASIX全世界株式(2559)と米国株式S&P500(2558)になります。まだまだお試し段階ではありますが、仕事の昼休み中にスマホからポチポチと買い付けを行っている感じです。

 

どうしても投資信託だと急落したその日に買いたいと思っても、翌日に大幅に反発するとうまく拾えないため、そのあたりの調整役として同じMAXISのETFを併用することにしています。

長い目で見れば、大した差はないのでしょうが、自分が思ったときにすぐに売買できる使い勝手の良さはかなりありますので、こちらの方も少しずつ残高を増やしていくことになりそうです( ^ω^ )

プライム市場 市場再編( ..)φメモメモ

「プライム」基準、664社が未達 最上位新市場、改善なければ撤退も 東証

東京証券取引所は9日、来年4月の市場再編で新設される3市場の上場基準に適合するかの判定結果を各企業に通知した。現在の東証1部に上場する2191社のうち、最上位「プライム市場」の基準を満たしていないのは全体の3割に当たる664社に上った。これらの企業は達成に向けた計画書を提出すれば当面プライムに残れるが、改善しなければ将来撤退を迫られる可能性があり、今後の対応が注目される。 各社は通知を受け、9月から年末にかけて上場先市場を選択する。東証は来年1月11日に各市場の上場企業一覧を公表し、4月4日から新体制での市場運営を始める予定だ。 現在、新興企業向け市場に上場している日本マクドナルドホールディングスやメルカリなどはプライム基準を満たしているとされ、こうした企業が再編を機にどの市場を目指すかも焦点となる。東証1部のタカラバイオは9日、「プライム基準への適合を確認した」と発表した。  今回「不適合」とされた企業でも、株主構成の詳細などについて東証と協議し理解を得られれば「適合」と認められる可能性がある。

news.yahoo.co.jp

 

以前から東証の再編が話題となっていましたが、来年の4月にもう迫ってきているようです。現在基準を満たしていない企業が3割ほどあるようですが、今後どうなっていくんでしょう。

 

個人的には、逆に3割ぐらいが該当する基準にすれば、銘柄の質も上がりそうだと思うのですが、7割以上も残るならあまり変わらないなんてことになりそうな気もしています(・ω・)

 

最上位市場であるプライムに残れる可能性のある企業は、売出をして流通株比率を高めたり、時価総額を上げるためにいろいろと手を打ってくるんでしょうね。

そうした動きを先取りして、うまく立ち回って利益を上げようと狙っている投資家もかなりいるのではないでしょうか。

 

私は個別株は20銘柄ほど保有していますが、どれも時価総額が大きく流動性も高い銘柄ばかりでプライム市場に残れそうなので、あまり気にしなくても大丈夫かなと思っています。

 

f:id:yuikabu:20210709215140p:plain

f:id:yuikabu:20210709215924p:plain

ドラッグストア オワコン( ノД`)

ウエルシア、3-5月期(1Q)経常は21%減益で着地

ウエルシアホールディングス  が7月7日大引け後(15:00)に決算を発表。22年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比21.3%減の88.5億円に減り、3-8月期(上期)計画の246億円に対する進捗率は35.9%にとどまり、5年平均の42.0%も下回った。

 直近3ヵ月の実績である3-5月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の4.5%→2.9%に悪化した。

引用元:minkabu.jp

f:id:yuikabu:20210707235256p:plain

引用元:ヤフーファイナンス

 

昨日は業界最大手級であるウエルシアの決算が発表になりました。しかしながら、他社同様かなり残念な決算となっています(-_-;)

他社は決算後にかなり下げているけど、ウエルシアはどうなるかな?

どこも減益なので、業界全体での飽和感がより一層鮮明になってきています。

 

yuikabu.com

 

ウエルシアは優待取りをしたので、10,000円分のTポイントがもうそろそろ付与される頃だと思いますが、この決算を見る限り純投資はしたくないかな・・・。

大手の中で長期投資してもよいと思えるのは、きちんと将来のことまで考えて経営をしていると感じるマツモトキヨシぐらいですかね。

 

yuikabu.com

 

ちなみに親会社のイオンは業績が好調なようです(^_-)-☆

イオンモールにはよく行きますが、最近はコロナ禍前のような混雑ぶりです。かなり客足が戻ってきているなとは感じていましたが、過去最高益とはかなりのサプライズ決算ではないでしょうか。

 

news.yahoo.co.jp

ジュニアNISA👶 交付運用報告書が届く✉ 三菱UFJ銀行

f:id:yuikabu:20210706020612j:plain

 

三菱UFJ銀行からジュニアNISAで運用しているeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)の交付運用報告書が届きました(´▽`)

 

子供の名義で来たので、何だろう?と開けてみたら昨年4月から今年の四月までの運用実績が詳細に書かれた報告書でした。ジュニアNISAの運用を始めたのは、昨年の7月ごろからなので、このような報告書が送られてきたのは初めてです。

 

中身に関しては、ネットでも見られるようなファンドの情報が17ページにわたり書いてありましたが、冊子形式でパラパラと詳細を見れるのはかなり新鮮です(^_^)/

 

f:id:yuikabu:20210706000123j:plain

 

投資信託というと信託報酬以外の隠れコストがありますが、それらしきものが詳しく記載されているページもありましたので載せておきます。

これを見る限り、隠れコストを入れても年間0.18%しか維持費がかかっていない(・・??ようです。(間違ってたらゴメンナサイ)

世界中の株式に分散できて、これしかコストがかかっていないなら、本当にありがたいですね(∩´∀`)∩

 

現在のジュニアNISA運用状況

f:id:yuikabu:20210706004217p:plain

 

年間80万円まで非課税枠がありますが、今年の分はあともう少しで使い切ります。

ジュニアNISAは2023年まで年間80万非課税での投資が可能となっていますので、それまできちんと積み立てていきます。その後はそのまま放置しておくか、課税枠でさらに積み立てるかを決めていく予定です。

インデックス投資(eMAXIS) 2021年7月第1週 評価額600万超え(^_^)/

NY株式:米国株式市場は続伸、雇用の増加を好感

ダウ平均は152.82ドル高の34,786.35ドル、ナスダックは116.94ポイント高の14,369.32で取引を終了した。

6月の雇用統計で非農業部門雇用者数が予想以上に増加したことが好感され、寄り付き後、上昇。過度の賃金インフレの高進も見られず、労働市場の過熱が示されなかったため米連邦準備制度理事会FRB)が当分緩和策を維持するとの見解がさらに相場を押し上げ、引けにかけては上げ幅を拡大した。金利の低下でハイテク株も上昇。独立記念日の連休を控えて、主要株式指数は史上最高値を更新して終了した。

 引用元:kabutan.jp/news

 

今週も米国市場は絶好調で、各指数が最高値を更新しています(^_-)-☆

日本市場が高値を更新できずにもたついているのをみると、どうしても海外市場に投資する方が魅力的に思えてきますね。

 

eMAXIS Slim米国S&P500は今週資産残高が5000億円を突破していますし、投資信託を通じて気軽に海外株への投資ができるのは非常に良い時代になったなと感じています。

 

 つみたてNISAやiDeCoのような制度ができて以降、低コストで分散投資できる投資信託が次々と誕生してきています。最初から個別株でリスクを取りに行かなくても、長期的に時間をかければ利益が出る可能性が格段に高まりましたので、今後もインデックス型の投資信託への資金流入が続きそうですね。

 

f:id:yuikabu:20210704043836p:plain

emaxis.jp

 

先週末 5,890,058円 +1,032,388円

        ⇓

f:id:yuikabu:20210704042455p:plain

 

特定口座での評価額は600万円を超えてきました。

昨年末を振り返ってみると、評価額はまだ250万円で含み益も20万程度でしたので、継続して積み立てていくことの重要性を改めて感じています(*'ω'*)

 

yuikabu.com