ドラッグストア店員の株式投資日記

インデックス投資・iDeCo・株主優待・IPOに挑戦!

インデックス投資 2021年4月第1週 

来週の株式相場に向けて=再び日経平均3万円台に挑む

今週の日経平均株価は3月18日以来となる2万9800円台を回復。来週は再び3万円台に挑戦することになる。

 株価上昇の原動力は、最高値圏にあるNYダウなど米国市場の堅調さだ。1日に発表された米3月ISM製造業景況感指数は1983年以来の高水準となったが、その一方で米長期債利回りは低下した。

 とりわけ、半導体セクターが好調だ。米フィラデルフィア半導体指数は最高値圏にあるが、特に東京市場への寄与度は大きい。市場の関心を集めているのは、米国企業が日本のキオクシアホールディングスの買収を検討していると報じたことだ。キオクシアは昨年8月にIPOを決議したが、その後延期している。仮条件の段階での時価総額の上限は1兆8000億円前後。しかし、買収に際して300億ドル(約3兆3000億円)規模と評価されたという。単純化すれば、この半年強での評価は8割近く高まったともみることができる。キオクシアには個別要因があるとしても、半導体関連株には再評価余地が膨らんでいる。

 また、3月の日銀短観では生産用機械の業況判断指数(DI)が急回復した。設備投資回復でファナック <6954> やキーエンス <6861> のような機械株には追い風が吹く。来週は9日に安川電機 <6506> の決算発表があるが、東京エレクトロン <8035> やファナックのような日経平均寄与度の高い値がさ電機・機械株の上昇が続けば、日経平均株価は3万円が期待できそうだ。

引用元:みんなの株式

f:id:yuikabu:20210403052343p:plain

 

今週は海外株式が堅調に推移して、S&P500指数は初めて4000を超えてきています。

保有している投資信託の中では、一番投資額が多いので、今後も堅調に推移してくれると嬉しいです(-ω-)/

 

あとは何やら半導体銘柄が最近はとても好調なようですので、日本の代表的な銘柄である東京エレクトロンに少額だけ買いを入れてみました。SBI証券のS株を使っています。

 

正直、新高値を取っている銘柄売買がかなり下手くそなのは自覚していますので、値動きを観察する程度の金額にしています(*´ω`)

 

f:id:yuikabu:20210403053810p:plain

 

 

インデックス投資の方は、イーマクシスNasdaq100インデックスを新たに買ってみました。ユーチューブで投資系の動画を見ていて、最近こちらの商品が発売されたのを知ったのがきっかけですね。

 

信託報酬が0.44%とやや高めですし、今後金利が上昇していく局面ではグロース株中心の指数は不利かもしれないですが、少しずつ買い増してみる予定です。

 

 

先週末  4,258,208円  +552,537円

         ⇓

f:id:yuikabu:20210403054210p:plain