ドラッグストア店員の株式投資日記

インデックス投資・iDeCo・株主優待に挑戦!

FRB、0.75%利上げ 27年7か月ぶり インフレ抑制へ('ω')

米連邦準備制度理事会FRB)は15日、政策金利を0・75%引き上げると決めた。0・75%の大幅利上げは1994年11月以来、27年7カ月ぶり。記録的な物価上昇(インフレ)を抑制するため、上げ幅を従来の3倍にした。3会合連続の利上げで、政策金利の誘導目標は1・5~1・75%となる。

news.yahoo.co.jp

 

先ほど、FOMCで0.75%の追加利上げが決定しました。

5月のCPIが8.6%まで上昇したことから、金融引き締めのペースを上げざるを得なくなったようですね。

 

 

事前に0.75%が来ることはかなり織り込んでいたので、今のところは相場は落ち着いているといった感じでしょうか。

 

朝起きたら株価悪いほうに急変したりしないでね(;^ω^)

日本国債10年利回り0.3% どうなるの?(;^ω^)

 

今夜も金利上昇で株価も暴落してるなーと思ってましたら、指値オペで0.25%に抑えられるはずの日本国債10年利回りが0.3%を超えてた?ようです。

 

あんまり知識がないのでよくわからないのですが、なんかヤバそうな気がしてるのは私だけではないはず・・・(;^ω^)

MAXIS米国株式S&P500(2558)・全世界株式(2559) 収益分配のお知らせ 円安で買い増ししにくいな(^-^;

 

6月8日に決算日を迎えたMAXISのETFの収益分配金額が確定したようです。

分配金の支払開始予定日は7月15日となっています。

 

昨年の上昇相場ではコツコツと押し目を拾いながら、2558・2559・2631を買っていたのですが、年初に株式市場が急落したので、一度すべて手放しておりました。

 

 

現在は全世界株式(2559)を少額だけ権利日前に買い戻しを行いましたので、7月15日には1口につき111円の分配金を受け取る予定となっています。

 

 

毎月、非課税口座ではオールカントリー(除く日本)の投資信託を定額積み立てておりますが、市場が急落したときにうまく拾えず、反発した時の基準価格で注文が確定されてしまうことがあり、それがストレスなんですよね(^-^;

 

長い目で見れば、大した差ではないのはわかっているのですが、気になるものは気になるので、リアルタイムで指値注文もできるETFを併用することにしています。

 

 

yuikabu.com

 

過去の記事を振り返ってみると、全世界株式(2559)は年初に13500円~13900円の間で売却しているようでしたので、その時よりも高い価格で買い戻しを始めている状況です。

 

株価は大きく下がっているのに、価格が高くなっている原因はこの3か月ぐらいで急速に進んだ円安が原因ですね。

 

 

売却した時には114円だった相場が134円にまでなっているので、その分割高で買わなければならないというのは、かなり複雑です・・・(;^ω^)

 

売却したお金は、すぐに外貨建てMMFに移したので、幸い為替差益の取りこぼしはなかったですが、今後も株価が下がるまで様子を見ていても、円安が進めばすべてを帳消しにしてしまうリスクがあるので、かなり厄介です。

 

米国株を中心に株価はまだ下落相場の序盤といった感じですが、円安のリスクを痛感したので、投資信託と併用しながらコツコツとさがったところを毎月買い増していくことにします('ω')

米消費者物価指数(CPI)、5月8.6%上昇(;´・ω・) 米国2年債利回り3%超え

労働省が10日発表した5月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月より8・6%上昇した。上昇率が8%を上回るのは3カ月連続。事前の市場予想(8・3%)も上回った。昨年から続く、約40年ぶりの水準の物価高(インフレ)は、収まる気配がない。

news.yahoo.co.jp

 

先月は一旦CPIが下落して、インフレが落ち着くかと期待されて株式市場は上昇しましたが、5月は再びCPIが上昇して事前予想も上回ったようです。

どこまでインフレが続くのか、金利の上昇をしていく必要があるのか全くわからない展開となりつつあるような気がします。

 

賃金の上昇よりインフレが進んでいる状態なので、かなり厄介です。

これで6月・7月・9月と連続で0.5%の利上げとなるんですかね(。´・ω・)?

 

 

株価はもちろん大幅下落中ですが、ついに米国2年債利回りも3%を超えてきました。

 

昨日、政府・日銀が円安の進行を憂慮していると声明を出したみたいですが、欧米で利上げが加速していく中では、口先介入では円安は止められない状況でしょうね。

 

財務省金融庁、日銀は10日、幹部による情報交換会合(3者会合)を財務省内で開き、為替市場の動向などについて意見交換した。会合後に公表した声明では、円安の進行について「憂慮している」とし、外国為替市場で急速に進む円安をけん制した。

news.yahoo.co.jp

SGホールディングス(佐川急便)🚚 配当金頂きました('ω')

 

普段の生活でお世話になっているSGホールディングスから配当金の入金がありました。

仕事でもネットショッピングでも佐川急便さんは毎日のように利用していますので、株主としても今後も応援を続けたい企業のひとつです(・o・)

 

 

業績の方はかなり好調で純利益は1000億円を超えるまでになっています。

今期は物流コストの増加などでやや減益ではあるものの、高水準の利益を保っております。流石にこのエネルギー価格の高騰では、減益になるのは仕方がないですね(^-^;

 

期末の配当金は30円でした。(年間50円)

今期も減益ではあるものの、年間の配当金は1円増配の51円を予定しています。

 

 

株価は一時は3000円を超えていましたが、物流コストの上昇を嫌気してなのか、ズルズルと下げてきていますね。

2017年末にIPOで当選してからのお付き合いになりますが、今後も生活にはかかせない企業ですので、売らずにホールドしておく予定です🚛

(公募価格は1620円でしたが、その後株式分割をして810円×200株になっています)