ドラッグストア店員の株式投資日記

インデックス投資・iDeCo・株主優待に挑戦!

NY市場一時1200ドル超急落 インフレ懸念 原油高いよ(;´・ω・)

前日の4日はアメリカの金融引き締めが急激に加速することはないとの受け止めから900ドルを超えることし最大の値上がりになっていましたが、一転して急落しています。

当面の利益を確保するための売り注文が出ているほか、原油価格の高止まりやアメリカの長期金利の上昇を背景に、記録的なインフレが景気に悪影響を及ぼす懸念が改めて広がっています。

市場関係者は「アメリカの金融引き締めに対し、前日は楽観的な受け止めが出たが、長期金利の上昇などをきっかけにインフレへの懸念が再び出ている。ウクライナ情勢や、中国での新型コロナの感染拡大への警戒もあって売りが売りを呼んでいる」と話しています。

www3.nhk.or.jp


昨日は急反発していた米国市場ですが、今のところその上昇を打ち消すように反落しております。

 

FOMCでパウエルさんが、0.75%幅の利上げに積極的ではないとの見方から急騰していましたが、その陰で原油価格がヨーロッパがロシア産の原油を禁輸する影響もあり、大きく上昇をしていたんですよね。

それを見てインフレ収まりそうにないのに、株は何でこんなに上がっているの(。´・ω・)?と思っておりましたが、やはり持続的な上昇は厳しいのかな・・・。

 

 

3月のFOMCと同様に株式市場がFOMC前に軟調に推移していたので、パウエルさんがタカ派寄りの利上げ発言を行うことに弱気になった印象を受けました。

 

これでは結局のところ、今までインフレは一時的と言って放置していたころの姿勢や前回のFOMCで株価の下落にビビッてハト派寄りの発言しかできなかった時と変わらないですね。

 

対処が遅れれば遅れるほど、インフレが高止まりする可能性がありますので、しばらくは非課税口座の定期積立のインデックス投資以外は様子見でいく姿勢は変わらないで行こうと思います(-ω-)/

イオン 隠れ優待 スマート行使で優待パスポート🎫 今年も貰えます

 

今月に入って2月の株主優待が徐々に届き始めております。

 

その中のひとつにイオンがありましたが、イオンの株主優待と言えば優待カードによるキャッシュバックが有名ですが、去年?から始まった隠れ優待も存在しております。

 

最近流行のスマホによる議決権行使を行うとすべての株主に優待パスポートなるものが、6月になるとハガキで送られてきます(・o・)

 

対象になる商品は細かく分類されて、ハガキに書いてあったのですが、対象外の商品などもかなりあった印象ですね。

ただ、普段から買い物から資産運用(イオン銀行でイデコ)まで幅広くお世話になっている企業ですので、きちんと議決権を行使してありがたく頂きたいと思います(^^)/

 

 

 

そして、肝心の業績の方ですが、コロナで落ち込んでから回復傾向ではあるものの、依然として経常利益率は1.4%と低い水準にあり、1株利益は7円ほどとなっています。

 

 

セグメント別でみると、利益を稼ぎ出しているのは、金融・ディベロッパー・ヘルスケア部門が大部分を占めています。

売り上げの割に金融とディベロッパーの利益率がすごいので、イオンの中身は金融と不動産と言われている理由がよくわかりますね。

 

あとはコロナ禍以降、近所のイオンモールのイオンラウンジはまだ閉鎖されたままなので、早く再開してほしいなぁ。。。株主数が増えすぎて、かなり負担になっていたみたいので、やはり難しいのかな(´ー`)

(2022年2月末の株主数は857,642名となっています)

米国10年債利回り3%突破(・o・) 2018年12月来最高

 

じわじわと上昇をしていた米国10年債利回りが3%をついに超えてきました。

2018年12月以来、約3年5か月ぶりとなります(・o・)

 

FRBが物価高を抑えるために、急ピッチでの利上げを行うことへの警戒が強いことの表われでしょうか。

本日の米国株の方は、現在のところ下落から急速に戻しておりますが、長期的に見ると金利と株価は逆相関の関係にありますから、投資をしている上で金利の上昇は気にしておかなければならない指標になりますね。

 

5月・6月・7月のFOMCで0.5%以上の利上げが何回続くのか、それによって株価や金利がどのように反応していくのか注目です(=゚ω゚)ノ

 

 

1ドル130円台突入('ω') 買って良かった外貨建てMMF(米ドル)💰

外国為替市場で円安が急速に進み1ドル130円台に突入しました。日銀の金融政策決定会合で今の大規模な金融緩和策を続けると発表したためです。急激な円安に日銀が対応するかどうかが注目されていましたが、日銀は従来の金融緩和政策をむしろ強化する姿勢を示したため、さらに円安が進む結果となりました。

 

会見で黒田総裁は「経済を下支えするため粘り強く金融緩和を続ける」と今回の決定について説明しています。 政府などからは、GW中の円安を加速させないために日銀が政策を少し修正する期待がもたれていましたが、日銀は金利上昇を抑えるため指定した利回りで国債を無制限に買い入れる「指し値オペ」と呼ばれる措置を原則、毎営業日実施することも発表しました。むしろ、金融緩和を強化する姿勢を打ち出した形です。

news.yahoo.co.jp

 

本日の日銀政策会合では、改めて黒田さんが金融緩和を強力に推し進める意向を示したことから、ついにドル円相場が130円台に突入しました(・o・)

 

日銀が円安を加速させないために、政策を修正するのではという声もちらほらありましたので、私もどちらかというとサプライズがあるかもと思っていましたが、むしろ円安を放置するような頑なな姿勢が示されたので、一気に下落が加速した感じでしょうか。

 

 

今年になってから米国株が急落したので、投資信託ETFを売却したわけですが、その資金で為替リスクを減らすために、外貨建てMMFに資金を移しています。

 

今までなら米国株が下がると為替も円高に振れることが多かった印象ですが、年初の急落では116円台から114円台へ少し円高に振れただけでしたので、かなり円売り圧力が強いなと感じておりました。

 

そんな中、抵抗線であった116円台を3月中旬にブレイクしてきたので、そこからさらにポジションを増やしていき、待機資金をドルに換えているところです。

ただ、あまりにペースが速すぎて、押し目らしい局面もないため、入るタイミングをかなり失いつつあるのが現状ですね(・_・;)

 

auカブコム証券

大和証券

野村證券

 

IPO用に資金を入れいた大和証券野村證券でもどうせ当たらないので、こちらでも外貨建てMMFを購入しています。

ここ数年は申し込んでもIPOに全然当たらなかったのに、外貨に換えただけでIPOに当選したぐらいの含み益が出たのは、うれしいですがなんとも言えない気持ちですね(^-^;

 

正直この先どんな展開になるのか全く想像がつきませんが、日本にとって良くない方向に向かっているのは間違いないので、自己防衛していくしかないですね。

三井不動産ロジスティクスパーク投資法人 分配金(第11期) REITで毎月不労所得('ω') 

 

今月は東海道リートに続き、三井不動産ロジスティクスパーク投資法人からも分配金を頂きました。保有しているのは1口だけで7895円の分配金となっています。

 

この銘柄は日興証券で申し込んだIPOで当選してから5年以上保有しており、その間に株価も分配金も大きく成長してくれた優良銘柄の一つです(・o・)

 

私の場合、上がると思って実際に上昇した銘柄は、基本的に放置しておくので、株価が比較的安定しているREITは自然と長期保有になるケースが多いです。

 

 

公募価格は270,000円でしたが、5年間保有している間に、利益超過分配金がどんどん差し引かれており、取得金額は264,122円にまで下がっています。利回りもAA格付けでありながら、6%以上の水準にまで達しているので、この先も売却する可能性はかなり低くなっています。

 

5年前はIPO市場もかなり熱かったですが、今のIPOは相場環境が悪く小粒なものが多いですし、たとえ当選できても一撃で数十万を取れそうな銘柄が少ないので、大きな資金を遊ばせてまで参加する意欲が完全になくなっております(^-^;