ドラッグストア店員の株式投資日記

インデックス投資・iDeCo・株主優待に挑戦!

淀川製鋼所(ヨドコウ) 隠れ優待当選(^^♪ セレッソ大阪

f:id:yuikabu:20211224014103p:plain

f:id:yuikabu:20211224014132p:plain

 

淀川製鋼所より隠れ優待である「ヨドコウ桜スタジアム タオルマフラー」を頂きました。セレッソ大阪のエンブレムマークの入った素敵なマフラーです。

 

f:id:yuikabu:20211224020929j:plain

f:id:yuikabu:20211224021119j:plain



優待とは別にヨドコウニュースというIR冊子が以前届いていたのですが、その中にアンケートクイズがあり、回答するとマフラーが抽選でもらえると書いてあったので、応募をしていました。

 

今年はIPOでは当選の二文字を見ることができませんでしたが、隠れ優待に当選というレアなケースで気持ちよく1年を締めくくれそうですので、感謝しております。

淀川製鋼所さん、大切に使わせて頂きます(・ω・)ノ

ツルハHD 純利益23%減 風邪薬売れません(´ー`)

ツルハホールディングス(HD)が21日発表した2021年6~11月期の連結決算は、純利益が前年同期比23%減の127億円だった。キャッシュレス決済の手数料がかさんだほか、最低賃金の上昇や新規出店などで人件費も前年同期比で9%増となった。売上高は2%増の4625億円。商品別では、調剤事業や食品が好調だったものの、風邪薬やドリンク剤などの医薬品や化粧品が不振だった。

www.nikkei.com

 

ドラッグストア大手のツルハHDの6~11月の決算が発表になりました。

前期より大幅減益となり、厳しい状況となっています。

株価の方も反落しており、以前の増収増益が当たり前という業界全体の勢いがなくなってきたように思います(;´・ω・)

 

f:id:yuikabu:20211222173404p:plain

 

原料高による食品などの値上がりも店頭価格に転嫁しにくいですし、今後の収益を圧迫する要因となることから、新規での買いも入りにくいのではないかと感じます。

 

コロナ禍での感染対策が広がっているため、マスクは売れますが、風邪を引くひとが減っており、高粗利の風邪薬や栄養ドリンクを買う人があまりいないですね。

今冬もインフルエンザの流行は見られないので、社会全体としては良いことですが、処方箋による関連薬の売り上げも期待できないことから、ドラッグストアにとっては収益に繋がりにくい状況が続いています。

家計の金融資産、過去最高1999兆8千億円(*'▽') リスク資産増加⤴

f:id:yuikabu:20211222023158p:plain

日本銀行20日発表した資金循環統計(速報)によると、今年9月末時点の家計の金融資産が前年同期比5・7%増の1999兆8千億円で過去最高となり、2千兆円に迫った。最高を更新したのは5四半期連続。新型コロナウイルス対策のために政府が配った給付金や株価上昇などにより、個人マネーが急速に膨らんでいる。コロナ禍で外出が抑制され、消費を手控える傾向があることも現預金などの資産残高を伸ばす一因になっている。家計の金融資産の内訳をみると、現金・預金1072兆円▽保険など539兆円▽証券335兆円▽そのほか54兆円。 1700兆円台から1800兆円突破、1800兆円台から1900兆円突破までは、それぞれ3年以上かかっていた。1900兆円台からは、2020年12月末から21年9月末までのわずか9カ月で2千兆円に迫った。  資金循環統計は家計・企業・銀行など経済主体のお金の流れや残高を集計した統計。日本銀行が3カ月ごとに公表する。注目される指標の一つが家計の金融資産の残高だ。同様の数値を出す総務省などの調査がアンケート方式なのに対し、様々な金融取引などをもとに推計して正確性が高いとされている。

news.yahoo.co.jp

 

家計の金融資産が過去最高を記録して、もうすぐ2000兆円になるとの記事がありました。給付金や株価の上昇が資産の増加につながっているようですね。

 

f:id:yuikabu:20211222023730p:plain

 

前年比でみると、投資信託と株式等の伸びが20%以上となっており、現金・預金の伸びを大きく上回っています。比率でいうと投資信託4.5%、株式等10.9%なので、いわゆるリスク資産の割合は15.4%ほどということでしょうか。

 

色々なブログなどを拝見していると、皆さんリスク資産の割合がかなり高いので、世間的にみればそういった人は私含めてかなりの少数派なんでしょうね(;^ω^)

 

f:id:yuikabu:20211222024424p:plain

 

こちらは政府の負債の推移となっています。

2004年には900兆円だったのが、2021年に1400兆円になっているので、約500兆円増えていますね。

その間、家計の金融資産は2004年に1500兆円だったのが、2021年で2000兆円ですから、同じく約500兆円増えているのがグラフから見てとれます。

 

よく言われている政府の負債=家計の資産だから問題ないというのはこういうことなんでしょうか?(間違ってたらすみません)

そう考えると財務省がいう国の借金=国民の借金で財政破綻するから増税だ!というのは、やはり納得しにくいものがありますね(・_・;)

 

f:id:yuikabu:20211222024601p:plain

 

しかも、国債は金融緩和で日銀(中央銀行)が大半の44.1%を保有している状況ですので、借金だから増税といって国民の不安を煽り、消費を低迷させ続けるのは何か違うのではないかと感じてしまいます。。。

インデックス投資(eMAXIS) 2021年12月第3週 マザーズ市場崩壊(・_・;)

NY株式:米国株式市場は続落、オミクロン株感染急増を警戒

ダウ平均は532.20ドル安の35,365. 44ドル、ナスダックは10.75
ポイント安の15,169.68で取引を終了した。

国内でも新型コロナのオミクロン変異株感染が急増し、回復を抑制するとの警戒感に寄り付き後、下落。四半期ごとに実施される引け後の指数のリバランシングを見据え、さらに、株価指数先物やオプション、シングル株オプションなど4つの取引期限が重なるクアドラプル・ウィッチングでテクニカルな売りも重しとなった。さらに、連邦準備制度理事会FRB)のウォラー理事の「3月連邦公開市場委員会FOMC)で利上げも選択肢となる」とのタカ派発言も売り材料となり、終日軟調に推移。

引用元:株探ニュース

 

先週末 8,215,093円 +1,586,404円

      ⇩

f:id:yuikabu:20211219004549p:plain

SBI証券ETF

f:id:yuikabu:20211219091742p:plain

 

今週の米国市場は軟調な展開となりました。

テーパリング終了から来年の3回の利上げを織り込みに行っている感じでしょうか。ナスダック市場の下落がやや大きいように感じます。

まだ急落という状況ではないため、積立金額は大きく増やず淡々と買い増しています。

 

ここ数か月前から買い始めたナスダック100(2631)が含み損に転じました。

値動きが激しい分、投資信託ETF合わせても全体的な比率は少なめにしています。

今後下落のペースが速まった場合には、積み立ての金額を増やしていく予定です。

 

それより心配なのはハイテク株との連動性が高く、個人投資家の比率が高いマザーズ市場ですね(・_・;)

年末に向けてIPOの公開ラッシュが控えている中で、節目であった1000ptを大きく割り込んできています。

 

f:id:yuikabu:20211219010116p:plain

 

毎年12月はIPOの公開ラッシュで申し込みや当落の確認に時間を取っていました。

しかし、IPO投資を初めて十数年経ちますが、今年の12月は初めて1銘柄もブックビルディングすらしていないという状況になっています('ω')ノ

 

当選しないうえに、当選しても微益や割れる銘柄が増えてきたので、ここ半年ぐらい前からやる気が完全になくなっています。。。

今年はIPO歴十数年で初めて、1年通じて何も当選しないで終わることになります。

 

同じくローリスク投資である優待取りの方も、ライバルが増えて難易度が高くなってきてはいますが、やれば必ず少しは利益がでるのでまだましな状態です。IPOは市場環境が初値上昇に大きく影響しますし、しばらく遠目から値動きを観察するだけにしておく方針です。

 

個別銘柄は買いませんが、マザーズ指数がさらに大きく下落していくような状況になれば、以前も買ったことのある東証マザースETF(2516)をまた短期売買目的で取引してみようかなとも考えています。

 

ここ数日、検索エンジン経由でこの記事が読まれている形跡があるので、ここ最近の下落をチャンスと捉えている方が多いのかもしれません。

 

yuikabu.com

 

REITで毎月不労所得('ω') グローバル・ワン不動産投資法人 分配金(第36期)

f:id:yuikabu:20211218012710j:plain

f:id:yuikabu:20211218012734j:plain

 

今月はグローバル・ワン不動産投資法人より分配金を頂きました('ω')

1口当たり2446円で6口保有なので税引き前14676円の分配金となりました。

予想分配金を見る限り、来期以降も大きな変動はなさそうです。

 

f:id:yuikabu:20211218012933p:plain

f:id:yuikabu:20211218012946p:plain

 

f:id:yuikabu:20211218013635p:plain

 

保有している不動産物件は少数精鋭といった感じで、都心を中心にオフィスビル11棟となっています。スポンサーも複数の大企業ですので安心感があります。

公募増資を行って資産の拡大はあまり行わない銘柄ですので、インカムゲイン目的で長年放置しているだけの状態となっています。

 

f:id:yuikabu:20211218014445p:plain

 

運用報告書の表紙になっている物件は、JR錦糸町駅の駅前にあるオフィスビルのようです。グローバル・ワンが保有している物件であることを今更ながら知りました(/・ω・)/

関東圏にお住まいでJR総武線を利用したことある方は、電車内から東京スカイツリーが見えるこの風景をなんとなく見たことがあるのではないでしょうか?

 

運用報告書で保有している物件をよく読んでいると、実際に見たことがあるオフィスビル・商業ビル・ホテルなどが載っていることがあります。

こんなビルに間接的に出資をしているだという実感がわいてきて、意外と楽しむことができるのもREITの良さでもあります(´ー`)